〒990-2483 山形県山形市上町4-14-20  
電話 023(645)7070  FAX 023(645)7535

○日帰り手術<鼻の手術>


鼻の手術

『レーザー手術』

 アレルギー性鼻炎に対して主に行われる手術です。アレルギー性鼻炎の原因となるもの(抗原)にはいろいろありますが、そのうちのハウスダストやダニなど、通年性のものによる慢性的な症状を 改善させるために行います。


 花粉症等の季節性のアレルギー性鼻炎にも行う事もありますが、一般的な花粉症では薬物によって殆どの場合改善させる事ができますので、レーザー手術の対象となる花粉症は、通年性のアレルギーを合併している例や、比較的重症の場合となります。

 レーザーにはいろいろな種類がありますが、当院で使用しているのはCO2(炭酸ガス)レーザーです。
 これによって、慢性的に腫脹した鼻の粘膜を蒸散させ、鼻腔の空気の通りを良くさせるのです。

 レーザー手術は鼻腔粘膜の表面麻酔だけで可能ですので、麻酔薬を染み込ませた小さいガーゼを、鼻腔内に15分ぐらい入れて行います。
 この麻酔薬が苦い事や、鼻腔の発達の程度も考慮して、当院では小学4年生以上の患者様をレーザー手術の対象の目安としております。


 手術後しばらくは、少し血液の混ざった鼻汁が出たりカサブタによって鼻がつまったりしますが、徐々に改善され、2週間ぐらいすると新鮮な粘膜に生まれ変わります。
 また、鼻水をつくっていた腺組織というものも少なくなり、鼻水も出にくくなります。

 1回目に片側を行い、約2週間後以降に反対側を行い、それで終了とします。
 いったん落ち着いた後でも、アレルギーの原因となる抗原が多い環境にいると2〜3年後に症状が再発してくる事もありますが、レーザー手術は基本的に何回でも行う事ができます。


 ただ、一度レーザー手術をしても治りにくいような方は、鼻中隔彎曲症など鼻腔の形に問題がある事も多いので、それを治す追加手術をした方がよい場合があります。

▲ページトップへ


?日帰り手術一覧へ
 

copyright(c) endo-jibika all right reserved.
inserted by FC2 system